姑との縁の切り方?! – 姻族関係終了届 –

コラム雑談


こんにちは。行政書士の中川です。

配偶者がなくなった場合、当然婚姻関係は解消されるわけですが、亡くなった配偶者の両親を始めとする親戚関係ってどうなるかご存知ですか?

姻族関係の継続

配偶者の血族とその配偶者のことを法律上「姻族」と呼ぶんですが、実は配偶者が亡くなって婚姻関係が解消されても、姻族関係、つまり親戚としての関係は継続しているんです。例えば、残された奥さんと義母(姑)、義父(舅)との関係は相変わらず「親族」なんですね。

でも、誰もが姻族の皆さんと良好な関係を築いているわけではありませんよね。嫁姑の関係がうまくいかないなんて話、いくらでも聞きます。旦那さん(奥さんかも?)がいたからなんとか頑張ってこれたなんて人も多いはずです。なのに、やっと縁が切れたと思ったらまだ親戚関係が続くんです。法律上は。

でもですね、この問題、実は簡単に解決するんです。

姻族関係終了届

姻族関係終了届という届出を役所に提出するだけで、結婚で生じた姻族関係がきれいさっぱり解消するんです。しかもその届出、「名前」「住所」「本籍」「亡くなった配偶者の名前・本籍」を書く程度の簡単なもの。行政書士なんか頼まなくても誰でも書けますよ。(笑)

姻族関係終了届

三親等内の親族間の扶養義務

また、姻族関係を継続しているとこんなことも。

民法第877条
1 直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。
2 家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合のほか、三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。
3 前項の規定による審判があった後事情に変更を生じたときは、家庭裁判所は、その審判を取り消すことができる。

扶養義務というのは、様々な理由で経済的に自立できない人を支援しなければいけない義務ということなのですが、特に上記民法877条第2項で扶養しなければならないと規定しているのは・・・

「特別の事情があるときに三親等内の親族間」

一読してもあまりピンときませんが、三親等内の親族には三親等内の姻族も当然含まれます。なので、特別の事情があるときは、亡くなった配偶者の両親の面倒をみなければ・・・なんてことにもなりかねないのです。ちなみに特別の事情とは、直系血族、兄弟姉妹がいないとか経済的に支援ができないなどのときに、家庭裁判所が扶養義務者となるよう命じる場合です。

効果が生じるのは自分だけ

姻族関係終了届が受理されても、子供と亡くなった配偶者の親族との関係は解消されません。また、子供には孫など(直系血族)としての扶養義務が残ります。なので、姻族関係が解消できるからと言ってあまり相手の神経を逆なでするような態度を取ると、引き続き親族である子供にとばっちりが、なんてことも。

遺産の相続に影響は?

姻族関係終了届を提出しても配偶者の遺産相続に影響はありません。また、遺族年金にも影響はありません。

最後に

姻族関係終了届は配偶者が亡くなったあとであればいつでも出すことができます。配偶者の死後10年でも20年でも大丈夫です。また、誰の同意も必要なく費用もかかりません。ただ、ひとつ注意しなければいけないことは、届出が受理され、効力が発生してしまったら、もう二度と取り消すことができないということです。この届出をしたことによって、子供が親族間のトラブルに巻き込まれたなど、思いもよらぬ結果を招くことも考えられます。非常に簡単な手続きだけに実行に移す場合は、慎重さも必要だということですね。

それではまた次回!

 

Posted by Kentaro Nakagawa