深夜放送とradikoタイムフリー

2018年2月9日コラム雑談

こんにちは。行政書士の中川です。

皆さんはラジオって聞きますか?ワタシ、30年ぐらい前に聞いていた番組を最近また聞き始めました。ふとしたことから突然番組のことを思い出し、調べてみたら「まだやってる!」となり、それからあのときはちょっと違う方法で毎週聞き続けています。

それにしても30年前の記憶。そんな超長寿番組、皆さんご存知でしょうか、その名も  “POWER ROCK TODAY” 。千葉市のFM局、bayfmの開局当時から放送している番組で、ヘヴィメタル・ハードロックを得意とする音楽評論家、Masa-Itoこと伊藤政則氏がDJを務めるちょっとマニアックな音楽番組なんですね。

今でこそインターネットが普及していて、音楽情報もPCやスマホで手軽に入手できる時代ですが、30年前のロック兄ちゃんだったワタシの情報源と言えば雑誌とラジオぐらいのもんでした。その中でもPOWER ROCK TODAYは非常に濃い内容を毎週土曜日1:00から5:00までの4時間という大ボリュームで放送してくれる実にありがたい存在でした。

しかし、いかんせん時間が時間。実用に耐えるカセットテープの最長録音時間は120分、4時間番組だから録音するのも大変です。かと言って、そう毎週リアルタイムで聞けるわけでもなく、自然と情報源は雑誌がメインとなり、ラジオはだんだん聞かなくなっていきました。

時はたち約30年後、突然POWER ROCK TODAYを思い出したワタシは迷わずここを確認します。リンク先は「radiko」のサイト。radikoと言えば、放送中のラジオをインターネットでも再配信してくれて、PCやスマホでもラジオを手軽に聞けるよっていうサービスなんですが、そのradikoの提供するサービスに「タイムフリー」というのがあります。radikoで再配信した放送のすべてが保存されていて、放送から1週間以内であれば、あとからいつでも聞くことができるという機能なんです。当然、bayfmの番組も全て保存されています。深夜番組だろうが早朝番組だろうがこれを使えばあとからゆっくり聞けるというわけですね。そして、なにより無料ですし、(一部プレミアムサービスは有料)スマホのアプリもあります。

晴れてワタシは、この懐かしいラジオ番組を今度はスマホで月曜日の朝にランニングしながら聞くという30年前では考えられなかったスタイルでリスナーに復帰したわけです。

30年続く番組というのはさすがに稀だと思いますが、皆さんの懐かしい番組がまだ続いているかもしれませんよ。試しにradikoで聞いてみてはいかがでしょうか。

というわけでまた次回!

Posted by Kentaro Nakagawa