千葉県の相続手続きならプロジェ行政書士事務所へ

2018年2月27日

凍結されてしまった銀行預金の払戻しや不動産の相続登記に必要な「遺産分割協議書の作成、金融機関での相続手続き、株式や投資信託などの名義変更、自動車の名義変更など相続にまつわる面倒な手続きをトータルでサポートします。

相続手続き一式 145,000円 + 諸費用(戸籍等の取得費用、交通費、通信費等)
遺産分割協議書のみの作成 50,000円 + 諸費用(戸籍等の取得費用、交通費、通信費等)

そもそも相続って?

相続とは、亡くなった方の権利・義務を遺された方たち(相続人)が引き継ぐことをいいます。家や土地といった不動産や現預金などの「プラスの遺産」だけでなく、借金や負債、保証人の地位といった「マイナスの遺産」も同時に引き継ぐことになります。

相続人って誰のこと?

亡くなった方の財産を引き継ぐことになる人のことを相続人と呼びます。相続人は原則として、遺族が話し合って円満に決定できることがもっとも望ましいですが、一応、法律でも定められており、これを「法定相続人」といいます。法定相続人となるのは、「配偶者」「子」「 直系尊属 」「兄弟姉妹」です。この中から状況に応じて優先順位と相続割合が定められています。

遺産分割協議ってなにをするの?

相続人全員が遺産の配分を話し合うことです。法定相続と違い、各相続人の実態に即した柔軟な決定が可能なことがメリットです。最終的に全員の合意が必要なため、ひとりでも合意しない相続人がいれば分割はできず、最終的には家庭裁判所での調停に進むことになります。

遺産分割協議書ってなに?

相続人の方々が遺産分割協議で取り決めた内容を文書にしたものです。文書には遺産分割の方法が示されており、相続人全員の署名捺印がしてあります。銀行などは、「すべての相続人がこの預金をこの人が相続することに合意しているな」という確認を遺産分割協議書で行います。また、不動産の所有権移転登記や自動車の名義変更のときも遺産分割協議書を提示し、相続人間で名義変更(相続)に合意しているということを証明する必要があります。

弊所でお手伝いできること

相続人の特定から金融機関の手続き、自動車の名義変更まで総合的にサポートします。

全体の流れはこちらをクリック

このような方におすすめします

相続と一言で言っても戸籍の収集から始まり、銀行や不動産の手続きまで大変な手間がかかります。弊所では初回無料相談を行っていますのでお気軽にご相談ください。

お客様にお願いすること

1. 相続人の皆様での遺産分割協議
2 .印鑑登録証明書の取得
3. 遺産分割協議書、各種委任状への署名捺印

が主なものになります。預金の解約・払い戻し、戸籍の収集、自動車の名義変更など面倒な書類集め、手続きは可能な限り弊所で実施いたします。また、ご自身で手続可能な方のために遺産分割協議書の作成のみ(\50,000 + 諸費用)も承ります。また、「預貯金だけ依頼したい」や「自動車の相続だけ」などもお気軽にご相談ください。別途お見積にてご提案させていただきます。

ご依頼の流れについてはこちらをご覧ください。お問い合わせはこちら

Posted by Kentaro Nakagawa