千葉県の建設業許可更新手続きならプロジェ行政書士事務所

2018年7月30日

更新期限の30日前までに手続きが必要です

建設業許可の有効期間は5年間ですが、更新手続きは許可期間満了の30日前までに行わなければなりません。許可期間満了前であれば30日前を経過しても書類は受理されますが、知事あての始末書添付が求められます。なお、千葉県の場合、許可期間満了の3ヶ月前より更新手続きを受け付けています。

費用

※上記以外の費用は一切かかりません

ご依頼の流れ

メールまたはお電話でご連絡ください。お打ち合わせ日を調整させていただき、行政書士がお客様のもとにまいります。ご依頼頂いた場合は、その場で可能な範囲で必要書類をお預かりし、残りは弊所に郵送いただきます。書類作成が完了いたしましたら、押印を頂きに再度ご訪問させていただき、申請となります。ご依頼から申請までは通常、1ヶ月程度を見込んでおります。余裕を持った日程でのご依頼をおすすめします。なお、お打ち合わせの日程については休日または夜間でも事前予約で対応いたしますのでお申し付けください。

アフターフォロー

当事務所ではご依頼いただいたお客様に、以下のアフターフォローを実施します。

  1. 2ヶ月に1回、メールかお電話で役員構成などの許可内容に変更が生じていないか、なにかお困りごとがないかのご連絡を差し上げます。
  2. 次回の決算変更届前にお知らせのご連絡を差し上げます。
  3. 建設業許可の更新タイミング(5年に1回)を概ね4ヶ月前にお知らせします。
  4. 建設業に大きな改正があった場合など、業務に大きな影響を与える行政側の変化をお知らせします。

更新手続きに必要な書類

当事務所でご用意する書類

1.各種申請書類(10数種あります)
2.事業主・役員等の住民票(ご自身で取得されても結構です)
3.専任技術者の住民票(ご自身で取得されても結構です)

お客様にご用意いただく書類

1.定款(過去5年で変更があった場合)
2.「経営業務の管理責任者」の健康保険被保険者証(保険証)の写し
3.「専任技術者」の健康保険被保険者証(保険証)の写し
4.健康保険料・厚生年金保険の支払いが確認できる領収証または「保険料納入告知額・領収済額通知書」の写し(直近のもの)
5.雇用保険「労働保険概算・確定保険料申告書」の写し、「領収済み通知書または労働保険料等振替納付のお知らせ」(ハガキ)の写し(直近のもの)※労働保険事務組合に委託している場合は領収証の写しのみ
6.役員全員の「登記されていないことの証明書」(法務局で取得)および「身分証明書」(本籍地の市町村で取得)
※委任状をいただくことで当事務所にて取得することもできます
7.前回の申請書類

Posted by Kentaro Nakagawa